新鮮なホルモンをシンプルに岩塩で
ご飯に55年継ぎ足しの秘伝のタレで

【ホルモンが苦手!】という人にこそ食べて欲しい新鮮ホルモン
昭和37年創業の田原本にあるホルモン屋【八丁堂】。

その味を継承しながら、できるだけ岩塩で食べるスタイルを確立したのが二代目の八丁堂。

通常、ホルモンはタレで臭みを消して、タレの味が決め手となりますが、それでは部位の味の違いはほとんどなくなります。一つひとつの部位を食感の違いだけでなく、味の違いを楽しんでほしい。

その想いで、八丁堂では、新鮮なホルモンのみを使用し、基本的にシンプルに岩塩だけで提供しています。

お塩だけで食べるということは、臭みをごまかすことができないので新鮮なホルモンを使わないと美味しくありません。ホルモンのニオイがどうしても苦手だったという人にこそ、ホルモンそのものの美味しさを味わっていただきたいです。

メニュー

ホルモン

なんといっても、はじめての人に食べて欲しいのは【てっちゃん】。皮がパリっと中がフワッとした絶妙たっぷりのコラーゲンが口いっぱいに広がります。ほかにもセンマイ、アカセン、ミノなどの部位もございます。

お肉

タン、ハラミはもちろん、日替わりでバラやロース、モモ、ヘレなどを入荷し、お手軽な価格で食べられるようにしております。お酒にももちろん、締めにタレかけご飯にもぴったりなお肉です。

おつまみ

白菜を天日干しからはじまり、市販のものより濃厚かつ、おつまみにぴったりなこだわりキムチ。ビールにもご飯にもぴったりです。あと、オススメが、ケジャン。甘辛い絶妙なタレに使ったケジャンをそのまま手で豪快にお召し上がりください。手がベトベトになるのはご愛嬌。

メニュー紹介

八丁堂

〒630-8353
奈良県奈良市柳町31 和田ビル1F 東端

営業時間
p.m.5:00~p.m.11:00
(不定休)